道の駅 みつまた

スノーシュー

ATLAS マウンテンハイキングシリーズ

AT. 1025

を履いてみました!

このモデルは比較的急な斜面を登れるスノーシュー。

 

ポイントはこちら↓

 

履き方もとっても簡単。

 

 

①緩んでる紐を軽く持ち上げ靴をセットする

 

 

②オレンジ色の紐を遊びが無くなるまで引っ張る。

 

 

この一本の紐で2箇所を固定できます。

 

 

③かかと固定用の紐を遊びが無くなるまで引っ張る

 

 

 

 

 

遊びがなくなるまでひっぱたら、

 

 

このフックに引っ掛け装着完了♪

 

脱ぐときもとっても簡単!

 

 

この黒い紐を引っ張ると緩みます。

 

 

この日は雪が硬く滑りやすい状況でしたがクラポン(爪)が

 

ザクッ ザクッ

 

と雪に食い込み横滑りせずとても歩きやすい。

 

 

 

ヒールリフトバー も使ってみました。

 

かかと下にあるバーが ヒールリフトバー

 

 

あまり期待しないで使ってみたけど、すごく楽な姿勢で登れる♪

 

 

面白がって下ってみたり走ってみたりしたけど、紐が緩むことはなかった。

 

”和 かんじき” にはない機能が満載!

 

 

和かんじき の倍くらいある。こりゃ沈みにくいわけだ。

 

 

 

雪の上を歩く スノーシュー 。 

 

 

とっても気持ちいい。

 

 

あ~ 山の中歩きたい♪

 

 

 

 

おやつタ~イム♪  景色はよく、澄んだ空気、コーヒーとみかん。

 

 

とっても贅沢な時間!! 

 

 

この時間には、道具の価値以上の価値がある

 

 

スノーシュー お勧めです!!

 


最新記事