道の駅 みつまた

山菜の収穫、販売と保存

景色いい~  残雪で涼しい~

 

道の駅を飛び出し山菜採りに行って来ました。

 

 

 

 

 

 

 

標高の低い場所の山菜はそろそろおわり。

標高の高い三俣は今が旬!!

ほら!ふきのとう。

まだ山奥にはあります!ながーいあいだ雪にさらされてい山菜はアクが

少なく美味しいそうですよっ♪

 

 

 

はい!ぜんまい♪

採るの楽しいけど処理が面倒なんですよね~。

 

 

 

これは、山うど♪

やわらかければ全部食べれて調理も簡単。

 

 

 

 

これは、根曲がり竹♪

味噌汁の具、焼き竹の子が定番ですね!

 

 

 

山の中をのんびりウロウロ。

欲張らないで今日はこれくらいでやめておこう♪

 

 

 

 

 

採った山菜は下処理をします。処理の仕方はいろりろ。

 

○ぜんまい

 

ぜんまいは綿と渦巻きは食べないのでポイ。

お湯を沸かしてさっと茹でます。

 

茹でたぜんまいは広げて乾かし、もんじゃくります。

 

このあと何度も何度も、もんじゃくってチリチリになれば完成♪

 

 

 

○山うど

○山うどは塩漬けするのでハッパはポイ。※捨ててるハッパも

やわらいので食べられますよ。

 

○漬物樽につっこみます。

 縦に並べ、塩。

 横に並べ、塩。

 縦に並べ、塩。   ・ ・ ・

 

 

これで一旦完成♪

 

 

 

○わらび

○漬物樽につっこみます。

 縦に並べ、塩。

 横に並べ、塩。

 縦に並べ、塩。   ・ ・ ・ 山うどと同じ。

 

 

 

山菜は収穫、下処理、調理と、とっても手間がかかります

調理のしやすさ、保存のしやすさ、そこにいろいろなこだわりがあります。地域によってもさまざま。そんなこだわりと料理する人の愛情と腕!?で美味しく食べれるんですネ♪

※わらびの醤油づけ

販売しない分はレストランで調理して小鉢として提供しています。数量限定!なくなり次第終了です。

クセになる味かも!?食べてみてください♪

 


最新記事